« 報道過熱 | トップページ | 「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能 »

2018年6月12日 (火)

勝手気ままな発言が増え続けている

 
 一大帝国を築いた2代目の不動産開発業者で米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は「ディール(取引)」の名手を自称しているが、これまで開発案件で判断を誤り莫大な負債を背負い込んだこともある。
 
 政治家として経験が不足しているが、米国の力を背景に勝手気ままな発言が増え社会の分断が修復できないまま時間が経過してきた。
 
 北朝鮮の金正恩氏やロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席といった
   強権的な指導者
を交渉相手とし、勝利を手にすることに「強い意欲」をみせてきた。

 自らも特徴的な髪形ながら、他人の容姿をあげつらって相手を挑発するのが大統領選以来の得意技とされる。
 
 
 運がいいのだろう、何人もの共和党の候補たちが、自制心のないトランプ氏の悪口に過剰反応して自滅した。
 
 
 弾道ミサイルの実験で国連制裁を無視して撃ちまくった金氏に付けた
   「ちびのロケットマン」
は物議を醸した。

 トランプ氏が選挙戦から主張してきた「米国第一」の持論にそぐわぬ行動をとる有能な閣僚や高官は容赦なく切り捨てる強権的な一面が続き、裸の王様を支える者が周囲に集まってしまっている。
  
 
 米朝首脳会談を前にポンペオ国務長官、ボルトン大統領補佐官を据え北朝鮮への態勢を整えた。

 毒殺を恐れて安全なマクドナルドのバーガーばかり食べていると暴露本で書かれたトランプ氏にとってバーガーでの接待は最高のおもてなしとされているが、交渉が上手くいく可能性もないとは言えないが...
 
 
 
   

« 報道過熱 | トップページ | 「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/73665828

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手気ままな発言が増え続けている:

« 報道過熱 | トップページ | 「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ