« 「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能 | トップページ | 核攻撃の命令コード(暗号)などを収めたカバン »

2018年6月12日 (火)

米朝実務者協議は「急速な進展」

 
 米朝首脳会談を前に、米国のポンペオ国務長官が会見を行った。
 会見では米朝の実務者協議が「急速に進んでいる」と明らかにした。

 実務者協議は午後も行われ、現在も続いていると述べたうえ
   「急速に進んでいる。予想より早く、理にかなった結論」
に達する見通しであると説明した。

 また、北朝鮮に対し、米国がこれまでに提示したものとは
   異なる体制保証
を与える用意があると表明し、北朝鮮にさらなる歩み寄りを求めた。

 その上で、北朝鮮は
   「以前にも非核化の意思」
を示してきたと指摘したうえ、12日の首脳会談で「本当かどうか確かめたい」と期待感を示した。

 一方、米国が受け入れられるのは
   「完全な非核化」
だけだと指摘したうえで、それまでは
   制裁を維持する方針
に変わりがないと改めて強調した。
  
 また、「外交が正しい方向に進まない場合は制裁が増えるだろう」とけん制する発言を加えた。
 
 
 
ひとこと
 
 
 「異なる体制保証」とはいったいどのような体制の保障か気になるところ。
  
 中国が背後で暗躍していたが、こうした動きに対応した動きにもなり、一気に北朝鮮を中国の習近平の支配下から剥がす目論見かも。
  
    

« 「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能 | トップページ | 核攻撃の命令コード(暗号)などを収めたカバン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/73667450

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝実務者協議は「急速な進展」:

« 「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能 | トップページ | 核攻撃の命令コード(暗号)などを収めたカバン »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ