« 北朝鮮が核弾頭や核関連施設を隠蔽 | トップページ | 北朝鮮が1年以内に大半の核解体可能? »

2018年7月 4日 (水)

北朝鮮メディアが中朝国境地帯での金正恩氏の活動を伝えるのは、3日連続

 
 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は2日
   金正恩党委員長
が中国との国境に面した新義州(シニジュ)の新義州紡績工場と新義州化学繊維工場を視察したと伝えた。
 

 この日時は明らかにされていないが北朝鮮メディアが中朝国境地帯での金正恩氏の活動を伝えるのは、3日連続のこと。

 また、金正恩氏はこれら工場の視察で、管理不備に激怒したもようで責任者への苛烈な罰が予想される。
 これまで視察した先の不始末では従来は担当者らが処刑されている。
 

 今年の3回にわたる金正恩氏の訪中で中朝関係は緊密化し経済支援が活発となっており、経済制裁は骨抜き状態にある。

 

 中朝国境地帯での金正恩氏の活動が集中的に伝えられるのは、中国との経済協力強化を視野に置いたものでと見られる。

 また、それだけに、経済の「最前線」での工場関係者の怠慢に対し、金正恩氏の怒りが爆発したものと推測される。

 この視察では朝鮮労働党中央委員会の幹部
   安正秀(アン・ジョンス)
   黄炳瑞(ファン・ビョンソ)
   韓光相(ハン・グァンサン)
   金成男(キム・ソンナム)
   趙甬元(チョ・ヨンウォン)
   呉日晶(オ・イルチョン)
   ファン・ヨンチョル
の各氏が同行したことも明らかになった。

 
        

« 北朝鮮が核弾頭や核関連施設を隠蔽 | トップページ | 北朝鮮が1年以内に大半の核解体可能? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 北朝鮮が核弾頭や核関連施設を隠蔽 | トップページ | 北朝鮮が1年以内に大半の核解体可能? »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ