« 韓国客も国家戦略で大きく変動させる目論見 | トップページ | ユーロ存続のため「何でもやる」と歴史的な意思表明をしてから6年が経過した。 »

2018年7月27日 (金)

サウジのタンカーが攻撃を受ける

 
   
 サウジアラビアの
   ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相
はウェブサイトに掲載した声明で、サウジ国営海運会社が所有する
   タンカー2隻
がイエメンのイスラム教シーア派系武装勢力
   フーシ派
に攻撃されたため紅海の南端に位置する
   バブ・エルマンデブ海峡
を経由した原油の輸送一時停止する臨時措置を講じたことを明らかにした。
 
 
 声明によれば、タンカー2隻はそれぞれの積載能力が200万バレル規模で、同社は攻撃で1隻に軽度の損傷が生じたとしている。
 
 なお、負傷者や原油流出の被害はない。
 
 
   

« 韓国客も国家戦略で大きく変動させる目論見 | トップページ | ユーロ存続のため「何でもやる」と歴史的な意思表明をしてから6年が経過した。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウジのタンカーが攻撃を受ける:

« 韓国客も国家戦略で大きく変動させる目論見 | トップページ | ユーロ存続のため「何でもやる」と歴史的な意思表明をしてから6年が経過した。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ