« 欧州8銀行は今年前半に約620憶ドルの米レバレッジドローンをアレンジ | トップページ | 欧州勢のシェア拡大を英国大手金融機関のバークレイズがけん引 »

2018年7月21日 (土)

両刃ともなる質問

 
 中国北京市の遼寧大廈で開催された
   第7回世界平和フォーラム
の記者会見が15日午後行われ、日本立憲民主党副代表で衆議院議員の近藤昭一氏が出席し、メディアの質問に回答した。

 「日本の若者世代に歴史問題をいかに伝えるか」という質問ついて、日本の若者は中国を訪れてみて、歴史を真剣に勉強してほしいと述べた。
 
 また、政治家として日本の与党と政府に各国の青少年が互に交流できる場や機会をさらに構築するよう呼びかけていると話し、中日両国の若者が相互理解と信頼感をさらに深め、共同で世界平和に貢献することを希望すると続けた。

 さらに、中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会の
   栗戦書委員長
は5月に、日中友好議員連盟代表団と会見した際、双方は素直な意見交換を行ったと述べた。
 
 
 近藤議員は日中友好議員連盟の幹事長として、日中関係は確実に変わってきたと実感していると述べた。
 
  
 日本が引き続き経済の発展を継続したいなら
   戦争の歴史
にしっかりと向き合い、アジア各国と団結・協力しなければならないと語った。
 
 また、安倍政権はこれまで
   「一帯一路」構想
      (シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード構想)
と一定の距離を置いてきたが、ここ数カ月の間に大きな変化が起こっており、日本企業もこれから「一帯一路」に積極的に参加していくと信じると述べた。
 
 
 
ひとこと
 
 中国が押し進める21世紀の植民地政策がアフリカや太平洋諸国の住民の反発を受けて暴力的な事件が頻発している。
 中国の江沢民政権時代に強化された反日教育の影響が強く残っている環境に変化は見られない。
 歴史的な事実の組み合わせを変えることで偏向的な思想が組み込まれれねつ造されてもいる。
  
 
 国民革命軍が上海で行った焦土化作戦や堤防の破壊で大洪水を起こし1000万人以上の被災者や100万人以上の溺死者を発生させてもいる。
 
 また、拠点を置いた南京市では親日的な中国人を「漢奸」として公開処刑を繰り返し数万人が被害に遭っている点を認識したうえでの発言なのだろうか。
  
 こうした点を認識しての発言であれば、中国政府が大躍進時代の失政での飢餓の発生など政争を含めて1億人が死亡した事実なども歴史として明らかにできる手立てもすべきだが、出来るだろうか。
 
 中国国内で戦史を知らせることが出きれば中国が大きく変わることになり大変有意義だろう。 
 
  
 

« 欧州8銀行は今年前半に約620憶ドルの米レバレッジドローンをアレンジ | トップページ | 欧州勢のシェア拡大を英国大手金融機関のバークレイズがけん引 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/73872133

この記事へのトラックバック一覧です: 両刃ともなる質問:

« 欧州8銀行は今年前半に約620憶ドルの米レバレッジドローンをアレンジ | トップページ | 欧州勢のシェア拡大を英国大手金融機関のバークレイズがけん引 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ