« 経済的な関係を見れば中国に生殺与奪の権を握られている北朝鮮 | トップページ | 茹で蛙はリスクを気付かず。 »

2018年7月10日 (火)

談話の内容は不明

 
 北朝鮮は7日夜、非核化などを巡る米国との協議での米国側の態度を非難する外務省報道官談話を発表したが、北朝鮮住民が接する内部向けメディアでは談話発表を報じていない。

 北朝鮮は談話を通じ、6日から2日間にわたり平壌で行われた
   ポンペオ米国務長官
と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の側近
   金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長
の協議で「米側の態度と立場は実に遺憾だった」と反発した。
 
 また、米国側が一方的で強盗的に非核化要求を持ち出し、朝鮮戦争の終戦宣言問題は後回しにしようとしたと主張した。

 朝鮮中央通信が同談話を報じたが、同通信は対外向けメディアで北朝鮮住民は報道内容に接することができない。
 
 
 内部向けメディアの朝鮮中央放送、朝鮮労働党機関紙・労働新聞は談話について報じず、ポンペオ氏が7日に平壌を出発したことを8日午前に伝えた。

 対米交渉力を高めるため、談話を外部向けに発表することで米国に対し強硬な態度を示しながらも、国内では米国との関係改善の雰囲気を強調する狙いがあるとみられる。
 
 
   

« 経済的な関係を見れば中国に生殺与奪の権を握られている北朝鮮 | トップページ | 茹で蛙はリスクを気付かず。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/73830392

この記事へのトラックバック一覧です: 談話の内容は不明:

« 経済的な関係を見れば中国に生殺与奪の権を握られている北朝鮮 | トップページ | 茹で蛙はリスクを気付かず。 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ