« 素養とは? | トップページ | 米国よりも中国に付くことを望んでいる国が多い。 »

2018年7月24日 (火)

中国高速鉄道を「腐敗まみれ」と異例の批判(ロシア)

 
 ロシアの国営鉄道によると、ロシア国内の高速鉄道は
   中国企業の資金と技術
を頼りに作られ、今年末に着手して2024年に完成する予定だ。
  
 
 高速列車の速度は時速400キロで運用され、モスクワ~カザン間は14時間から3時間半へ大幅に短縮する。

 モスクワ〜カザン高速鉄道プロジェクトの投資は約200億ドルというがロシアの鉄道会社は65億ドル、中国国営企業が残りの135億ドルを投じるとされる。

 ただ、ロシア財務省と経済開発省など政府内では、資金が不十分だと考えられているという。

 
 ロシアの有名な政治学者
   ベルコブスキー氏
は、関係者は中国の高速鉄道プロジェクトを
   「一塊のぜい肉」
とみなしたうえ、「鉄道の予算は増加すれば、中国は融資を増やすだろう。しかし、旅客と交通量はそれほど多くない。私はロシアにとって損失の多いプロジェクトだと思っている」と酷評した。   
 
 
   

« 素養とは? | トップページ | 米国よりも中国に付くことを望んでいる国が多い。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国高速鉄道を「腐敗まみれ」と異例の批判(ロシア):

« 素養とは? | トップページ | 米国よりも中国に付くことを望んでいる国が多い。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ