« ユーロ存続のため「何でもやる」と歴史的な意思表明をしてから6年が経過した。 | トップページ | 牽制球で出鼻を挫くことが重要。 »

2018年7月27日 (金)

3会合連続で利下げを見送り。

 
 ロシア中央銀行は27日、インフレ期待が約1年ぶり高水準となる中、政策金利据え置きを発表、3会合連続で利下げを見送った。

  
 中銀は1週間物入札レポ金利を7.25%で据え置いた。
 
 ナビウリナ総裁はこれまで、金融環境が「完全に中立」と見なせる水準に達するまであと1回か2回の利下げを残していると説明、その実施には長めの時間をかけると認めていた。
 
 
    
   

« ユーロ存続のため「何でもやる」と歴史的な意思表明をしてから6年が経過した。 | トップページ | 牽制球で出鼻を挫くことが重要。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3会合連続で利下げを見送り。:

« ユーロ存続のため「何でもやる」と歴史的な意思表明をしてから6年が経過した。 | トップページ | 牽制球で出鼻を挫くことが重要。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ