« 米独自のイラン制裁措置 に違反した場合は欧州企業にも制裁を科す考えを通告 | トップページ | 「肺がん発病率の上昇とスモッグとは関連性が薄い」との専門家の見方? »

2018年7月17日 (火)

足元に火がついた状態での会談では?

 
 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
とロシアの大統領
   ウラジーミル・プーチン氏
は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで歴史的な首脳会談を行った。
 
 トランプ氏は、米選挙への介入を否定するロシア側の説明を受け入れるかのような見解を表明した。
 また、両大統領は、二大核保有国である両国の関係の新たなスタートを約束した。

 
 会談では、シリアやウクライナ、中国、貿易関税、両国の核兵器保有量まで、さまざまな問題を話し合ったという。
 その後、世界の諸課題で協力していく意向を表明した。
 
 
 共同記者会見でトランプ大統領は、選挙介入問題についてプーチン大統領と「多くの時間を割いて話した」と述べたが詳細には触れることなくはぐらかし、介入については明確に非難すらしていない。

 
 米国の各情報機関によれば、2016年の米大統領選でロシアがトランプ氏の当選支援を狙い、対立候補だったヒラリー・クリントン氏が所属する民主党の電子メールを不正に取得し漏えいしたとの結論に達している。
 
 先週には、この問題をめぐりロシア軍情報機関の職員12人が米国司法当局により起訴された。

 
 こうした状況を棚上げにした観のある発言が目立つトランプ大統領は、自国の情報機関トップが出した結論を認めつつも、自身は公正な選挙戦の結果当選したと主張した。
 
 こうした筋書きの延長として、プーチン大統領がロシアの関与を「力強く」否定したと強調して見せた。
 
 
 ロバート・モラー特別検察官による捜査は米国にとって「大惨事」だと批判し、自身の選挙対策チームとロシア政府の共謀についても改めて否定して見せた。

 
 これに対し、プーチン大統領は「ロシアがこれまで米国の内政問題に干渉したことはないし、今後も干渉するつもりはない」と明言し、会談の主導権を握ったようだ。
 
 
     

« 米独自のイラン制裁措置 に違反した場合は欧州企業にも制裁を科す考えを通告 | トップページ | 「肺がん発病率の上昇とスモッグとは関連性が薄い」との専門家の見方? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足元に火がついた状態での会談では?:

« 米独自のイラン制裁措置 に違反した場合は欧州企業にも制裁を科す考えを通告 | トップページ | 「肺がん発病率の上昇とスモッグとは関連性が薄い」との専門家の見方? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ