« 両刃ともなる質問 | トップページ | 宗教戦争 »

2018年7月22日 (日)

欧州勢のシェア拡大を英国大手金融機関のバークレイズがけん引

 
 

 米国ではトランプ政権の経済運営を巡る経済の縮小懸念が強まり
   レバレッジドローン市場
が活況を呈する中で、欧州勢のシェア拡大を英国大手金融機関のバークレイズがけん引しているという。

 

 英国大手金融機関のバークレイズは米国のヘルスケア企業
   アベアナ・ヘルスケア
による同業のプレミア・ヘルスケア・サービシズ買収のためのローンを提供した。

 高債務企業に買収や配当支払いのための資金をさらに貸し付けるレバレッジドローン市場は米国で急拡大し、昨年の新規融資は4940億ドル(約55兆5000億円)に拡大している。

  

 欧州8銀行は今年前半に約620憶ドルの米レバレッジドローンをアレンジしており、市場シェアは合わせて約24%となった。

 このうち英国大手金融機関のバークレイズのシェアは6%余りで、このまま行けば今年は同市場で業界3位のプレーヤーとなる。

 ただ、シェア拡大を目指す競争が、貸すべきでない相手への、しかも緩い条件での貸し付けにつながっている可能性が指摘されている。

  
   

« 両刃ともなる質問 | トップページ | 宗教戦争 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州勢のシェア拡大を英国大手金融機関のバークレイズがけん引:

« 両刃ともなる質問 | トップページ | 宗教戦争 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ