« 皮膚の老化と脱毛 という老化現象をはじめて逆転させた成果 | トップページ | 多くのイラン市民が通貨リアルを売り安全な通貨に資産をシフト »

2018年7月31日 (火)

韓国海軍を代表する揚陸艦「独島(ドクト)」の建造過程で不正

 
 韓国CBS放送局は26日、「独島」を建造した韓進重工業が作成した
   内部文書
を入手し、韓国海軍を代表する
   揚陸艦「独島(ドクト)」
の建造過程で不正があったと報じた。

 
 海軍によると、「独島」建造は原則的に外注できないよう契約したが、この文書から、本艦契約の40%を外注すれば「予想費用減額は約336億ウォン(約33億円)」と書かれているとした。

 したがって外注で建造費用を減らしたのは韓進重工業の契約違反と解釈される。
 
 この文書には外注人材を嘱託職(臨時工)として採用する案も書かれていた。
 
 
 韓進重工業が臨時工を秘密裏に採用し、「独島」建造減額事由を海軍に知らせないというもの。
 このため、関連部署の「業務協力」と「秘密維持」を徹底すべきだと文書に書かれていた。

  CBSは韓進重工業側に文書の確認を要請したところ、韓進重工業側は「関連の記録が残っていないため確認できない。会社で作成した文書ではないとみられる」と答弁したという。

 
 ただ、CBSの取材によると、「独島」建造に参加した下請け会社の関係者はこの計画に基づいて「独島」が建造されたと証言しているとのこと。
 
 
 
ひとこと
 
 竹島を独島を呼び、敗戦中の日本領土を侵略し続けている韓国でもあり、胡散臭さはあらゆる分野で蔓延しているのが現状だ。
 
 史実を捏造して韓国民を洗脳し反日的な感情を醸成させているが、李氏朝鮮が清朝に朝貢し生口を差し出し続けてきたことや両班による搾取などは情報として持っているのだろうか。
 
 豊臣秀吉軍による朝鮮半島への軍事行動「文禄・慶長の役」で朝鮮半島で両班の横暴で抑圧されていた朝鮮人が秀吉軍に加わった史実もあり、その後、撤退しても100年近く朝鮮半島で各地で日本語が使われていたのをどう説明するのだろうか。 
 
 また、日韓併合が開明派が支持して行われ、大英帝国が植民地化したインドなどとは異なり、資金を投入して義務教育や衛生状態の向上を推し進めたことをどのように考えるのだろうか。
 
 伊藤博文が日韓併合を反対したのは、経費が掛かり過ぎるといった側面もある。
 単に植民地として、傀儡政権をつくらせ支配する手法など米国がフィリッピンで行ったことや英国がアフリカや東南アジア、インドで行ったことと同様にすれば費用が安価で莫大な利益を得ることが出来ただろう。
 
 
 

« 皮膚の老化と脱毛 という老化現象をはじめて逆転させた成果 | トップページ | 多くのイラン市民が通貨リアルを売り安全な通貨に資産をシフト »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国海軍を代表する揚陸艦「独島(ドクト)」の建造過程で不正:

« 皮膚の老化と脱毛 という老化現象をはじめて逆転させた成果 | トップページ | 多くのイラン市民が通貨リアルを売り安全な通貨に資産をシフト »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ