« ジョンソン外相が辞任した。 | トップページ | ガソリンと軽油の値上げ、今年最大の値上げ幅! »

2018年7月11日 (水)

中国が情報照会する懸念あり、国連に提出の臓器狩り停止求める署名

 
 
 医師による倫理組織は、2013年から
   国連人権高等弁務官事務所(UNHRC)
に請願していた、中国の
   強制臓器摘出の停止
を求める署名活動を終わらせると発表した。
    
 
 世界保健機構(WHO)の移植問題検討組織に
   強制臓器摘出問題
に関わったと疑われている
   中国移植医
がメンバー入りしたため、「署名者情報の安全確保が難しい」との判断に基づくものだという。

 
 強制臓器摘出に反対する医師の会(DAFOH)代表
   トルステン・トレイ氏
は6月25日、公式サイトで、2013年から5年間で300万人の署名を集めた
   「法輪功学習者に対する臓器奪取を停止を求める」署名活動
の停止を発表した。

 
 7月にスペインで開かれた2年に1度の国際移植会議の後、国連組織である世界保健機構(WHO)組織で、専門家や医師からなる
   「臓器と人体組織の提供と移植に関する作業部会」
の30人のメンバーに、中国移植医
   黄潔夫氏
が、WHOの推薦により選ばれたためだ。
 
 
 黄潔夫氏は、中国臓器移植の発展につなげた「移植界の権威」といわれる人物で中国臓器移植・提供委員会委員長や元衛生部副部長(厚生省副大臣に相当)を歴任した。
 
 
 黄氏は、2016年8月に香港で開かれた国際移植会議から、北京、昆明、バチカン、香港など6回連続で移植関連フォーラムやサミットに出席している。
 
 
   

« ジョンソン外相が辞任した。 | トップページ | ガソリンと軽油の値上げ、今年最大の値上げ幅! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/73838002

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が情報照会する懸念あり、国連に提出の臓器狩り停止求める署名:

« ジョンソン外相が辞任した。 | トップページ | ガソリンと軽油の値上げ、今年最大の値上げ幅! »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ