« 中国当局が買収計画の承認手続きを報復の手段として用いるのではないかとの懸念 | トップページ | 北朝鮮による核開発の継続を懸念 »

2018年7月31日 (火)

中国産100京級スパコン「天河3号」プロトタイプの開発が完了

 
 中国天津市の浜海新区傘下の開発区にある
   国家スパコン天津センター
によると、中国が独自開発する次世代の100京級スパコン「天河3号」のプロトタイプが、開発を終え順調に項目別検証に合格したという。
 
 同プロトタイプは中国が独自開発した3種類の高性能エバリュエーションチップとコミュニケーションチップを採用している。
 
 プロトタイプを基に「天河3号」は2020年に完成する見込みである。
 
 
   

« 中国当局が買収計画の承認手続きを報復の手段として用いるのではないかとの懸念 | トップページ | 北朝鮮による核開発の継続を懸念 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中国当局が買収計画の承認手続きを報復の手段として用いるのではないかとの懸念 | トップページ | 北朝鮮による核開発の継続を懸念 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ