« トランプ大統領 感謝の念を持ち続ける? | トップページ | 米朝協議は不調 »

2018年7月 8日 (日)

トランプ政権の保護主義的な貿易政策により、米国企業や消費者がその一番の「被害者」となる状況

 
 米国のオートバイメーカー
   ハーレーダビッドソン
は最近、ヨーロッパ向けの生産を海外に移すと発表した。
 
 また、自動車メーカー・ゼネラルモーターズ(GM)は、追加関税により、国内事業規模の縮小を強いられ、雇用減少にもつながるとトランプ政権の偏向的で独善的な政策に警告した。
 
 
 欧州連合(EU)、カナダ、メキシコ、インド、トルコなどはトランプ政権の一方的な貿易問題での関税措置に対抗し、米国商品に対する報復関税を発動する動きを強めている。
 
 トランプ政権の保護主義的な貿易政策により、米国企業や消費者がその一番の「被害者」となる状況を作りだしている。
 
  
 

« トランプ大統領 感謝の念を持ち続ける? | トップページ | 米朝協議は不調 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ大統領 感謝の念を持ち続ける? | トップページ | 米朝協議は不調 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ