« 「交換条件の問題ではない」と語ったものの? | トップページ | チベット高原でHQ-17対空ミサイルの威力を発揮 »

2018年8月26日 (日)

「党の名前から変えていかなければならない」?

 
 メキシコで7月1日に実施された大統領選挙や連邦上下両院議員選挙で
   ペニャニエト大統領
は24付の地元紙ホルナダのインタビューに対し、所属する
   制度的革命党(PRI)
に関し大敗した状況から、国民の支持を取り戻すには
   抜本的な変革
が必要だと主張した。

 選挙の敗北については、PRIだけでなく主要野党も含め、現政権が始まった6年前から
   何も成果を出せなかった
と指摘したうえで「反既存政党の流れに逆らえなかった」と振り返った。

 今後もPRIの党員であり続けるかとの問いに対し「もちろんだ。党員であることを誇りに思っている」と回答した。
 
 また、再び国民にとって政党として選択肢に残るために「抜本的な変革が必要だ。党名ももちろん変更する必要がある」と続けた。

 汚職や治安悪化に対して有効な施策が打てなかったことなど、ペニャニエト氏の支持率は一時は10%台にまで落ち込むなど歴史的な低さを記録していた。
 
 
 大統領選では擁立した
   ミード元財務公債相
が3位にとどまった上、連邦上下両院議員選でも合計で59議席と改選前の257議席から大幅に減らすなど歴史的な惨敗を喫した。
 
 
    

« 「交換条件の問題ではない」と語ったものの? | トップページ | チベット高原でHQ-17対空ミサイルの威力を発揮 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/74096996

この記事へのトラックバック一覧です: 「党の名前から変えていかなければならない」?:

« 「交換条件の問題ではない」と語ったものの? | トップページ | チベット高原でHQ-17対空ミサイルの威力を発揮 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ