« 中国支配に組み込まれる世界保健機構 | トップページ | 「力の空白」が生じることを嫌っている? »

2018年8月28日 (火)

経済条件を餌に外交樹立か?

 
 中国外交部の華春瑩報道官は27日、北京で開かれた定例記者会見で、中国とエルサルバドルとの国交関係樹立の過程で、エルサルバドル側はいかなる経済条件も提出しておらず
   交易問題
などは全く存在しないと主張した。

 
 台湾民進党の党籍を持つ立法議員がこのほどSNSで、エルサルバドルが中国大陸との国交関係を樹立するのは、大陸側がエルサルバドルからの
   270億ドルの金銭援助
の要求を受け入れたからだと示した。
  
 
 これに対して、華報道官は中国とエルサルバドルは
   「一つの中国」
という原則に基づいて国交関係を樹立した。
 
 これは公明正大なもので、。エルサルバドルは国連及び世界の他の177の国家が既に行った正しいことをやったに過ぎないと主張した。
  
 
 個人が言ういわゆる「金銭援助による外交」という言い方は全く根も葉もないことであると強調した。
 
 
 
ひとこと
 
 白を黒と主張する中国政府の発言であり、話半分で警戒は2倍にする必要があるだろう。
 
 
     

« 中国支配に組み込まれる世界保健機構 | トップページ | 「力の空白」が生じることを嫌っている? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/74113012

この記事へのトラックバック一覧です: 経済条件を餌に外交樹立か?:

« 中国支配に組み込まれる世界保健機構 | トップページ | 「力の空白」が生じることを嫌っている? »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ