« 米情報当局の広範なスパイ活動を暴露  | トップページ | 政治スキャンダル化 »

2018年9月27日 (木)

英国の平均寿命(出生時の平均余命)の伸びが1982年以来初めて止まった

 
 英国家統計局(Office for National Statistics)は25日、英国の平均寿命(出生時の平均余命)の伸びが1982年以来初めて止まったことを明らかにした。
 
 また、スコットランドとウェールズでは減少に転じた。

 この公式統計によると、スコットランドとウェールズの男女と北アイルランドの男性の平均寿命は、0.1歳短縮した。

 英国全体では、2015~17年生まれの女児の平均寿命は82.9歳で、2014~16年と変わらなかった。
 男児の平均寿命も同様に変わらず、79.2歳だった。

 2015~17年生まれの0歳児の平均寿命が最も短かったのはスコットランドで、男児が77.0歳、女児が81.1歳だった。

 
      

« 米情報当局の広範なスパイ活動を暴露  | トップページ | 政治スキャンダル化 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 米情報当局の広範なスパイ活動を暴露  | トップページ | 政治スキャンダル化 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ