« 脱税について「問題はないと認識」? | トップページ | 株式の公開を廃止すべき »

2018年11月28日 (水)

玩具の値引きが最大となる見通し

 
 
 
 インターネット通販の米年末商戦幕開け
   「サイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)」
が26日始まった。
 
 米国のアドビ・アナリティクスの算出によると、売上高は過去最高の78億ドルに達する見通しを明らかにした。
 
 
 今年のサイバーマンデーでは米玩具大手
   トイザラスの経営破綻
を背景に、小売各社が玩具販売を拡充したことから玩具の値引きが最大となる見通し。
 
 米東部時間午前10時(日本時間27日午前0時)までに、インターネット通販売上高は
   5億3100万ドル
となっているが、中国のネット通販商戦日とされるアリババ・グループによる
   11月11日の「独身の日」セール
の今年の売上高である約307億ドルと比べると、なお見劣りする内容となる見込み。
 
 
 米年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」のネット通販売上高は23%超増加し、60億ドルを超えた。
 
 全米小売業協会(NRF)は、11─12月の米年末商戦の小売売上高が前年比4.3─4.8%増の7億1745万─7億2089万ドルと予想しているという。
 
 
  

« 脱税について「問題はないと認識」? | トップページ | 株式の公開を廃止すべき »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玩具の値引きが最大となる見通し:

« 脱税について「問題はないと認識」? | トップページ | 株式の公開を廃止すべき »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ