« 北朝鮮に普及している携帯電話は600万台 | トップページ | 韓国の韓国首相が強制徴用判決で 「日本の過激な発言に深い憂慮」? »

2018年11月 7日 (水)

旱魃が文明を亡ぼす

 
 英国ケンブリッジ大学と米国フロリダ大学の学者らは、メキシコで栄えたマヤ文明が滅亡した原因を明らかにした。
 
 マヤ先住民の文化は、長期の干ばつを受け、この干ばつにより地域の平均降水量は50〜70%減少し、湿度は7%下がった。
 
 最も深刻な干ばつは950年頃に始まり、マヤ文明滅亡の時期と一致している」という。


 学者らは、ユカタン半島中央部にある
   チチャンカナブ湖
の堆積岩の水を分析した。
 水が蒸発する際に同位体組成は少し変化するため、堆積した石膏に関連する水の同位体レベルを変化させたり、「堆積された」湖の水の同位体レベルを比較することによって、8世紀から9世紀初期に発生した気候変動の様相を復元することができたという。

 分析により、ちょうどこの時期、ユカタン半島を恐ろしい干ばつが襲い、先住民は自らの土地から離れなければならなかったことが明らかになった。

 食べるために主に穀物を育てていた民族にとって、気候変動は飢餓の発生を意味しており、この時期、人口はほぼ90%減少したと見られる。

 都市の貯水池や運河の複雑なシステムでさえ、マヤを救えなかった。

 これまでの発掘調査で、マヤ文明の滅亡が内紛と関連していたことが示されたが、これは貯水池をめぐる争いだった可能性が高い。
 
 マヤ文明は250年から800年まで存在しており、石の建造物やピラミッド、寺院などがつくられた。
 
 
      

« 北朝鮮に普及している携帯電話は600万台 | トップページ | 韓国の韓国首相が強制徴用判決で 「日本の過激な発言に深い憂慮」? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/74531099

この記事へのトラックバック一覧です: 旱魃が文明を亡ぼす:

« 北朝鮮に普及している携帯電話は600万台 | トップページ | 韓国の韓国首相が強制徴用判決で 「日本の過激な発言に深い憂慮」? »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ