« ロンドン市場は売りに押された | トップページ | ブタを太らす目的を考えるべきだろう。 »

2019年1月24日 (木)

米国への身柄の引渡しに反対する「強い論拠」

 
 カナダ当局が昨年12月に逮捕した中国通信機器大手
   華為技術(ファーウェイ)
の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)について、カナダのジョン・マッカラム駐中国大使は、孟氏には米国への身柄の引渡しに反対する「強い論拠」があるとの考えを示した。

マッカラム大使は22日に中国語メディアに対して英語で行った。
 
 
 米司法省は前日、カナダに孟氏の身柄の引き渡しを要請する方針を明らかにしている。
 マッカラム大使の発言を受け、孟氏の引き渡しは実現しない公算が大きくなった。

マッカラム大使は「この件に関するトランプ米大統領の政治的な関与」により孟氏側に「かなり強い論拠がある」ことに加え、カナダはイランに対し米国と同様の制裁措置は導入していないと指摘した。
 
 また、孟氏の身柄引き渡しは「良好な結果に結び付かない可能性がある」と述べた

     
  

« ロンドン市場は売りに押された | トップページ | ブタを太らす目的を考えるべきだろう。 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国への身柄の引渡しに反対する「強い論拠」:

« ロンドン市場は売りに押された | トップページ | ブタを太らす目的を考えるべきだろう。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ