« 在韓米軍駐留経費の負担合意 | トップページ | 政治利用が背景 »

2019年2月11日 (月)

10年以内に米国からHIV撲滅目指す

 
 米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
は5日に通常よりも遅れた米国議会上下両院合同会議で行った
   一般教書演説(施政方針演説に相当)
で、米国から今後10年以内に
   エイズウイルス(HIV)
を撲滅するとして、議員らに超党派の協力を求めた。 
  
 なお、専門家や患者支援団体はこの姿勢を歓迎しているが、さまざまな課題も残っている。

 演説で、近年の進歩によって「かつての夢が、手の届く範囲に近付いた」と述べたうえ、「私の(国境の壁の建設を含めた)予算」は、米国から10年以内にHIVを撲滅するために、民主党・共和党双方に必要な取り組みをしてもらうためのものだと主張し、「皆で共に米国、そしてその向こうでも、エイズを打倒しよう」と呼び掛けた。

 ただ、トランプ氏は具体的な数字目標に触れなかったため、後からアレックス・アザー(Alex Azar)厚生長官が発言を補足している。
 
 これによると計画では、新たな感染例を今後5年間で75%、今後10年間では90%減少させ、この期間で25万件の感染を防ぐと主張した。

 公式統計によると米国では2017年、約3万8000人がHIVに感染している。
 こうした高い目標を達成するためには現在の取り組みを大きく加速する必要があるが本質的な目的は壁の建設を目論んだ予算の議会通過を狙ったものとの見方もある。
 
 
     

« 在韓米軍駐留経費の負担合意 | トップページ | 政治利用が背景 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年以内に米国からHIV撲滅目指す:

« 在韓米軍駐留経費の負担合意 | トップページ | 政治利用が背景 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ