« 政治利用が背景 | トップページ | 文化の破壊 »

2019年2月12日 (火)

ベネズエラの原油生産量が大きく減産する可能性

 
 ノルウェーのエネルギー専門調査会社
   リスタッド・エナジー
によると、ベネズエラの原油生産量が2020年に日量68万バレルと、昨年末の134万バレルから大きく減少する可能性があるとの見通しを示した。

 調査によるとこの可能性は低いとしつつも、現状が続き、ベネズエラが
   米国の制裁
の影響を相殺できず設備の修繕などの「新たな資金」を調達できなければ、今年の産油量が日量80万バレル、20年には70万バレルを割り込み68万バレルになる可能性があると試算した。
 
    
   

« 政治利用が背景 | トップページ | 文化の破壊 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラの原油生産量が大きく減産する可能性:

« 政治利用が背景 | トップページ | 文化の破壊 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ