« サプライチェーン(調達・供給網)の全面的な詳細調査 | トップページ | タクシン派政党がタイ王女の首相候補擁立を撤回 »

2019年2月10日 (日)

イタリア国債に買いが殺到

 
 イタリアは今年2度目となるシンジケート団を通じたソブリン債の売り出しで
   80億ユーロ(約9988億円)
を発行し410億ユーロを超える注文が殺到した。
 
 また、わずか3週間前の国債発行でも過去最高の買い注文が集まり、投資意欲に衰えはほとんど見られない状況だった。

 今回はシ団を通じた前月の国債発行の時を上回る需要となった。
 
 イタリアは今年、約2500億ユーロの国債発行を目指している。
 
 金融市場の環境が落ち着き、中央銀行による利上げリスクの後退で上位格付け債への需要が押し上げられているという背景がある。

 イタリアは債券市場での資金調達をハイペースで進めていて、先月の2035年3月償還債の発行(100億ユーロ)では355億ユーロを超える需要があった。
 
     

« サプライチェーン(調達・供給網)の全面的な詳細調査 | トップページ | タクシン派政党がタイ王女の首相候補擁立を撤回 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア国債に買いが殺到:

« サプライチェーン(調達・供給網)の全面的な詳細調査 | トップページ | タクシン派政党がタイ王女の首相候補擁立を撤回 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ