« 扇動政治家の末路 | トップページ | 中国の工作に対応が遅れる日本 »

2019年2月 8日 (金)

中国経済の後退は深刻

 
 
 
 インドの自動車メーカー「タタ・モーターズ」は2018年10-12月(第3四半期)決算の純損失が
   2700億ルピー(約4200億円)
で2012年にインド石油会社が報告した損失規模を上回り、インド企業として四半期ベースで過去最大の赤字となったことを明らかにした。
 
 高級車部門ジャガー・ランドローバーが中国での需要軟化を主因に、39億ドル(約4280億円)の減損費用を計上したことが要因。
 
 タタ・モーターズは前年同期には120億ルピーの利益を計上していた。
 なお、18年10-12月のアナリスト予想平均は77億3000万ルピーの黒字だった。
  
 
 発表文によれば、ジャガー・ランドローバーでの2784億ルピーの資産減損は、中国を中心とした市場環境の厳しさや技術分野の混乱、債務コストの上昇が背景にあるという
  
 また、タタ・モーターズの純売上高は7700億ルピーで、市場予想平均の7875億ルピーを下回った。
 
 
   

« 扇動政治家の末路 | トップページ | 中国の工作に対応が遅れる日本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国経済の後退は深刻:

« 扇動政治家の末路 | トップページ | 中国の工作に対応が遅れる日本 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ