« 高度経済成長時の手抜き工事で実施は? | トップページ | Wスタンダード »

2019年2月14日 (木)

金儲けの手段

 
 フランス外務省は7日、仏内政に対するイタリアの度重なる「干渉」と「容認できない」挑発的言動を理由として、駐イタリア大使の召還を発表した。
 
 この措置により、悪化しつつある両国の外交関係は、新たな局面を迎えた。

  
 仏外務省の声明は「大戦以降、前例のない事態だ」と指摘した。
 「見解の相違はさておき、その関係を選挙目的に利用するのは容認できない」と非難した。

 声明では具体的な出来事への言及がない。
 ただ、5日にパリ近郊でイタリアの
   ディマイオ副首相
が、マクロン仏政権に抗議する
   「黄色いベスト運動」
の幹部と会合しており、ディマイオ氏は同運動への支持を表明したことなども背景にあるようだ。
 
  
 
ひとこと
 
 内政干渉とも言えるものではあるが、フランス大統領の政策がユダヤ資本への利益供与にもなっており、社会の不安定化を助長しかねない。
 
 両者の対立を煽ることで金融市場の揺らぎを生ませることが、国際資本の意のままに資金が収奪されてきた歴史を考える必要がある。
 
 武器商人と同じで対立がなければ儲からない。
 
 
     

« 高度経済成長時の手抜き工事で実施は? | トップページ | Wスタンダード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金儲けの手段:

« 高度経済成長時の手抜き工事で実施は? | トップページ | Wスタンダード »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ