« 英議会が「EU離脱延期」を可決 | トップページ | 何とか妥協を引き出そうとする姿勢 »

2019年3月15日 (金)

Kポップ界に蔓延するセックススキャンダル(韓国)

 
 韓国政府が強力に推し進める韓国文化の世界侵食でもある
   Kポップ
の世界は、究極に
   清廉潔白なイメージ
でスターを売り出し、洗脳的な言動や行動で支持を広げてきた。
 
 こうしたKポップスターたちはその健康的なルックスで世界中にファンを増やしてきたものの、所詮は金を稼ぐ目的が強いためか、このところセックススキャンダルが相次いでいる。
 
 韓国の活動家らは、これらのスキャンダルは、韓国社会にまん延する女性への差別と虐待を浮き彫りにしていると指摘した。

 素行の悪さが暴露された男性人気アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」のメンバー
   V.I(本名イ・スンヒョン、Lee Seung-hyun)さん(29)
は投資家への性的サービスあっせん疑惑
が浮上、男性人気歌手
   チョン・ジュニョン(Jung Joon-young)さん(30)
は、女性との性行為を同意なく撮影した動画を共有した事実を認めるなど両名が、相次いで芸能界からの引退を表明した。

 韓国の放送局SBSの報道によれば、チョンさんとV.Iさんは同じチャットグループのメンバーで、そこでは複数のメンバーが、少なくとも10人の女性との性行為を盗撮した動画を共有していたという。

 韓国社会では、男性が主に女性を隠し撮りする「モルカ」と呼ばれる「スパイカメラ(隠し撮り用小型カメラ)」による盗撮行為がはびこっており、取り締まりが行われてきた。

 政治的目的もあるためか、このような状態でも、Kポップスターは一般的にクリーンなイメージを国策として植え付けたうえで、韓国政府は文化輸出の中心に位置づけており、積極的に他国に売り出してきた。

  
ひとこと
 
 韓国政府の文化の侵略に手を貸す日本のメディアの素行の悪さを考える必要がある。
 そもそも、価値のない放送を垂れ流して反日的な政策を押し進める韓国政府に同調した番組を購入し続け支援する公共放送が視聴料料を法律で保護されている。
  
 放送法改正し権益を剥奪して海外勢力の反日政策に協力するための資金提供のパイプを遮断すべきだろう。
   
   

« 英議会が「EU離脱延期」を可決 | トップページ | 何とか妥協を引き出そうとする姿勢 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kポップ界に蔓延するセックススキャンダル(韓国):

« 英議会が「EU離脱延期」を可決 | トップページ | 何とか妥協を引き出そうとする姿勢 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ