« 米国への身柄引き渡しを巡る審理を開始 | トップページ | ウラン濃縮施設は稼働したまま »

2019年3月10日 (日)

米国や同盟各国に引き続き「重大な脅威」との認識

 
 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は次期駐サウジアラビア大使に指名したジョン・アビザイド退役陸軍大将が6日、過激派組織「イスラム国(IS)」について、「ほぼ制圧した」ものの米国や同盟各国に引き続き「重大な脅威」との認識を示した。
 
 米国議会上院の承認公聴会で米サウジ関係の重要性を強調した。
 
 「長期で見れば、サウジと強固で成熟した関係が必要」と指摘し、「良好な関係確保はわれわれの国益にかなう」と述べた。
 また、サウジ人記者、ジャマル・カショギ氏殺害を巡り、サウジ側が
   説明責任
を果たすことが必要だとした。
 米国はトランプ氏の大統領就任後、駐サウジ大使不在の状況となっている。
  
 
   

« 米国への身柄引き渡しを巡る審理を開始 | トップページ | ウラン濃縮施設は稼働したまま »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国や同盟各国に引き続き「重大な脅威」との認識:

« 米国への身柄引き渡しを巡る審理を開始 | トップページ | ウラン濃縮施設は稼働したまま »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ