« 国民の情報を意図的に制限するマスコミ | トップページ | 四面楚歌の文政権 »

2019年3月17日 (日)

国境非常事態を米上院が無効化 トランプ氏は「拒否権」を宣言

 
 米国議会上院は14日、米大統領

   ドナルド・トランプ氏
が発動したメキシコとの
   国境での国家非常事態宣言
を無効化する決議案を賛成多数で可決した。

 トラブルメーカーともなっているトランプ氏は、屈辱的な敗北を喫し、この決議に対し拒否権を発動する意向を改めて表明して見せた。

 トランプ氏は、議会が拒絶した
   メキシコ国境の壁建設予算
を確保するために国家非常事態を宣言したが、反対派はトランプ氏の行動は
   大統領権限を逸脱
していると警告したうえ
   憲法の定める権力分立
を保つためとして、トランプ氏の権限奪取に向けた決議案の採決を求めていた。

 上院の採決では野党・民主党に加え、与党・共和党からも十数人の議員が賛成に回った。

 トランプ氏に対して上院が「予想外の厳しい批判姿勢」を示した。

 トランプ氏はこの事態に対して、ツイッター(Twitter)で「拒否権!」という1語のみの投稿を行った。

 

ひとこと

 ロシア疑惑のあるトランプ氏だが、口が軽すぎ、支持してきた閣僚の多くが愛想をつかして政権から離脱している。
 このため、現在残っている取り巻きの閣僚の多くが、能力的に問題がある。
 小学生程度の判断力とも言われており、所詮、親の金で地位を気付いてきたボンボンの類のようだ。
 本来は大統領の予備選挙の段階で消える泡沫候補が劇場型選挙で残ってしまった不幸がある。

 この程度の大統領に媚を売る日本の政府要人の質が問われる。


     

« 国民の情報を意図的に制限するマスコミ | トップページ | 四面楚歌の文政権 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国境非常事態を米上院が無効化 トランプ氏は「拒否権」を宣言:

« 国民の情報を意図的に制限するマスコミ | トップページ | 四面楚歌の文政権 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ