« トランプ政権が米国の人種問題を深刻化 | トップページ | 遠隔操作による不正アクセスを警告 »

2019年4月15日 (月)

権力闘争激化の兆しか?

 

 中国国営新華社は、中国共産党の政治局員らが25、26日に開催した会合で「職務経験に照らして批判と自己批判を行うよう求められた」。また、「習主席の指示と党の主要規則・方針の率先した実行の実情」についても問われたと伝えた。

 

 香港中文大学)の
   ウィリー・ラム(Willy Lam)教授(政治学)
は今回の会合について、習氏が「党上層部に緊張があると認めている」も同然で「異例」だとメディアの取材で述べた。
 なお、政治局員の中に習氏に不利益となる言動をした人物がいることを意味していると説明した。

 

  

« トランプ政権が米国の人種問題を深刻化 | トップページ | 遠隔操作による不正アクセスを警告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプ政権が米国の人種問題を深刻化 | トップページ | 遠隔操作による不正アクセスを警告 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ