« 複雑な飛び方をするスパイク級誘導ミサイルの実験を強行(北朝鮮) | トップページ | 謀略工作 »

2019年4月20日 (土)

中国で権力闘争激化の兆しか?

 

 中国共産党の文書によると、同党の青年組織でエリート養成機関
   「中国共産主義青年団(共青団、Communist Youth League of China)」
は、「スキルを高め、文明を広め、科学や技術を促進する」ためと称して、2022年までに
   1000万人超の学生
を「地方部」へ派遣することを公約した。
 
 こうした動きに対し、中国版ツイッター(Twitter)「微博(ウェイボー、Weibo)」では、懸念を示すユーザーの反応がみられた。
 
 文化大革命の間を知る多くの人々は、大学が10年にわたって閉鎖され、毛沢東によって「若い知識人」たち数百万人が地方部の低開発地域に派遣された1966年から76年まで続いた混乱を想起させた。
 また、「また始まるのか?」「もう40年前に実施された」との投稿もあったという。
 
 
ひとこと
 
 江沢民派の一掃を図る動きでもあり、激変が懸念される状況になりつつある。 
 
   

« 複雑な飛び方をするスパイク級誘導ミサイルの実験を強行(北朝鮮) | トップページ | 謀略工作 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 複雑な飛び方をするスパイク級誘導ミサイルの実験を強行(北朝鮮) | トップページ | 謀略工作 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ