« ニールセン米国土安全保障長官は7日、即時に辞任すると表明した。 | トップページ | 金正恩氏の指示で建てられたキムチ工場が「販売不振」(韓国紙) »

2019年4月11日 (木)

本質は変わらない

 

 聯合ニュースは8日、韓国外務省が5月までに、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁の履行を進める
   「制裁輸出統制チーム」
の人員を増やし、独立した課に格上げする方針だと伝えた。

 担当業務が増えているのに加え
   完全な非核化
まで制裁を維持する立場の米国に対し、歩調を合わせる姿勢を示す狙いがあるとの見方もある。

 

ひとこと

 北朝鮮密漁船への遭難を理由とした韓国沿岸警備隊や韓国海軍などによる燃料供給などは北朝鮮制裁違反の疑いがある行為そのものだろう。

 「制裁輸出統制チーム」を作って取り繕うとしても韓国文政権の本質は変わらない。
 

 

   

« ニールセン米国土安全保障長官は7日、即時に辞任すると表明した。 | トップページ | 金正恩氏の指示で建てられたキムチ工場が「販売不振」(韓国紙) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニールセン米国土安全保障長官は7日、即時に辞任すると表明した。 | トップページ | 金正恩氏の指示で建てられたキムチ工場が「販売不振」(韓国紙) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ