« 会談の内側 | トップページ | 豊胸手術に用いられる「インプラント」の使用を禁止(フランス) »

2019年4月 7日 (日)

実名メッセージより、私物化の問題であり事実であれば費用負担をしてもらうべきだろう。

  

 会社法違反(特別背任)の容疑で再逮捕された日産自動車(Nissan Motor)前会長
   カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)容疑者(65)
は自身を逮捕に追い込んだと考えている人物らの実名を挙げたメッセージを動画に残したことが明らかになった。

 妻のキャロル(Carole Ghosn)さんが7日、仏週刊紙「ジュルナル・デュ・ディマンシュ(Journal du Dimanche)のインタビュー
で明らかにした。

 ゴーン容疑者は新たな特別背任容疑で4日に再逮捕された。

 今後、少なくとも14日まで勾留される。
  

 ゴーン容疑者をめぐる事態の改善のため、仏政府に圧力をかけるべく渡仏したキャロルさんは同国で、に応じ、ゴーン容疑者が、勾留される前に英語で受けたビデオインタビューを録画していたことを明かにした。

 インタビューの中で、ゴーン容疑者自身に起きたことに対して責任がある人々の実名で挙げている。弁護士が持っており、まもなく公開されると話したとのこと。

 また、キャロルさんは英紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)とのインタビューで、昨年11月9日から今年の3月6日まで108日間に及んだ勾留で、ゴーン容疑者は「別人」になってしまったと語った。

 

 

ひとこと

 犯罪者となったため、当然別人のような雰囲気になるのだろう。

 利益の確保に齷齪してきた結果だろう。

 使用シェット機を利用していたというが、家族がプライベートで利用しておれば一般的には問題であり、利用料を支払ってもらう必要も出てくるだろう。

 

  

« 会談の内側 | トップページ | 豊胸手術に用いられる「インプラント」の使用を禁止(フランス) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会談の内側 | トップページ | 豊胸手術に用いられる「インプラント」の使用を禁止(フランス) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ