« 中国の艦艇がまた宮古海峡を通過 | トップページ | 中国海軍艦隊 中華イージス艦「西安」が初参加 »

2019年4月 9日 (火)

中国のミサイル戦力が米国を脅かす水準に達した。

 

 朝日新聞は7日、米国がロシアと結んだ「中距離核戦力全廃条約(INF)」に拘束される間、中国のミサイル戦力が米国を脅かす水準に達したと報じた。


 朝日新聞では米国防総省の関係者を引用し、「配備場所では日本やフィリピンなど同盟国も検討対象になるだろう」と伝えた。

 ただ、フィリピンは親米的とは言えない政権であり、政治的に不安定との見方をしていることもある。
 グアムは地理的に中国と遠いため、日本が最適地に選ばれる可能性が高いという分析がある。

朝日新聞は米国防総省の関係者を引用し
   「核非搭載の中距離巡航ミサイル」
を日本に常時配備したり、中国やロシアの戦略的な侵攻計画が実行される有事・緊急時にだけ配備したり、自衛隊に中距離ミサイルを保有させる案が挙がっていると伝えた。
 
 なお、日本政府としてはすべて負担が大きいシナリオだと、同紙は伝えた。

 

   

  

« 中国の艦艇がまた宮古海峡を通過 | トップページ | 中国海軍艦隊 中華イージス艦「西安」が初参加 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の艦艇がまた宮古海峡を通過 | トップページ | 中国海軍艦隊 中華イージス艦「西安」が初参加 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ