« 消費者信頼感指数の項目が広範囲にわたって改善 | トップページ | #韓国が東京五輪での旭日旗の持ち込み禁止を要求 »

2019年5月29日 (水)

適応能力と信頼性の確保戦略

 

 米国のネット小売り最大手
   アマゾン・ドット・コム
は約20年前に自社の
   電子商取引サイト
を独立系販売業者に開放して以降で
   最大級の戦略シフト
を計画しており、今後数週間で主に中小規模のサプライヤー数千社への
   大量注文
がなくなると、この計画に詳しい関係者が匿名を条件にメディアの取材で明らかにした。
 
 この大規模かつ恒久的な措置で、これまで、アマゾンからの
   安定した注文
に依存し安住してきた
   多くのベンダー
との関係が一変することになり、ネット上の商売の新たな方法を学ぶ必要がある。 

 なお、この計画が変更か中止となる可能性はあるものの、現時点では前進していると見られる。
 
 同社の狙いはコストを削減し、サニタリ―大手のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)やソニー、レゴといった主要ブランドの仕入れに焦点を絞ることを明らかにしたという。

 この結果、同社は必要な商品の適切な供給を確保でき、ウォルマートやターゲット、ベスト・バイなどと競合する上で収益の拡大の面からプラスとなる流れが背景にあるようだ。

 なお、アマゾンの広報担当は電子メールで送付した資料で、「当社は通常の事業慣行の一環として販売パートナーとの関係を個別に見直しており、ベンダーの大規模削減に関する臆測は間違っている」と説明したという。

 一般的にはアマゾンのサイトを通じた製品の年間販売額が1000万ドル(約11億円)未満の業者への大口発注を停止することになるが、カテゴリーごとに異なるという。
 
 アマゾンでは2カ月前、何の説明もなくサプライヤー数千社への発注を突如停止し、パニックを引き起こした。
 
 なお、数週間後に静かに仕入れを再開した同社はそうした動きについて
   偽造品
を排除するための取り組みの一環であることを示唆し、サプライヤー各社は胸をなで下ろした経緯がある。

   

 
ひとこと
 
 ブームが起こり、大量発注があった場合の対応の遅れが販売チャンスを取り逃がすリスクがあるのも事実だろう。
 適量の注文と対応の可否のある。
 
 
   

« 消費者信頼感指数の項目が広範囲にわたって改善 | トップページ | #韓国が東京五輪での旭日旗の持ち込み禁止を要求 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費者信頼感指数の項目が広範囲にわたって改善 | トップページ | #韓国が東京五輪での旭日旗の持ち込み禁止を要求 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ