« 文大統領が北朝鮮飛翔体を「短道ミサイル」と発言 | トップページ | ハイクビジョンへの禁輸措置を検討 »

2019年5月23日 (木)

技術革新の取り入れが急務

 

 韓国戦略問題研究所の
   チョン・チュンイル研究部所長
は22日に開催された
   「第4次産業革命と航空宇宙力の建設」
と題する学術会議で、「第4次産業革命」によって
   文明のパラダイム
が変化しており、それによって戦争の形や国防のパラダイムも変化せざるを得ないと指摘したうえ、保有戦力の見直しや、新たな政策的措置の検討の必要性を説明した。

 

ひとこと

 西欧が産業革命により巨大な軍事力を確保し、世界各地での資源の囲い込みから領地の拡大などを展開した事実があり、こうした軍事的な分野での魏実革新は当然必要である。

 

 思考が幼稚な政治家が主導する短絡的な感情で右往左往するのでは話にもならない。

 日本の国力の低下はこうした政治家のフレーズだけで政治体制や経済の仕組みなどを欧米国際資本の刈りこみやすい経済へのシフトを促しただ家だ。

 
   

« 文大統領が北朝鮮飛翔体を「短道ミサイル」と発言 | トップページ | ハイクビジョンへの禁輸措置を検討 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文大統領が北朝鮮飛翔体を「短道ミサイル」と発言 | トップページ | ハイクビジョンへの禁輸措置を検討 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ