« 自由にものが言える背景は? | トップページ | 不信任案が可決 »

2019年5月28日 (火)

強い要求を受け入れるつもりか?

 日米首脳会談について米国メディアは、トランプ大統領は
   日米の貿易問題
をめぐっては厳しい姿勢を貫いたと伝えた。
 
 CNNテレビでは北朝鮮と貿易の問題に関しては
   安倍総理大臣の「努力への見返り」
を感じ取ることは難しかったと伝え、トランプ大統領は貿易赤字を削減するべきだと主張して厳しい姿勢を貫いたと続けた。
 そして安倍総理大臣が求める、日本から輸出している鉄鋼などに上乗せされている
   関税の撤廃は無視
したと指摘sた。

 

 また、有力紙ウォール・ストリート・ジャーナルは日米の貿易交渉について、トランプ大統領が
   おそらく8月にはよい発表ができるだろう
と述べたものの、「妥結の時期」を尋ねられた安倍総理大臣は日程は示さなかったと指摘して、妥結の時期をめぐる見解の違いを伝えた。

 

 

ひとこと
 
 女衒のごとき対応は日本の国益にはならないだろう。
 所詮は夏の選挙向けのパフォーマンスでしかない。
 
 米国大統領選挙が重要なトランプ氏は選挙後強い要求を繰り返すことは明らかであり、「やりすぎ」の接待の見返りは皆無で
   馬鹿を見る
可能性は米国メディアの論調から言えば明らかな流れが背景にあり解決できるものではない。
 
 そもそも、相撲での米国大統領杯を授与する際に片手で表彰状を渡す姿を見て何も思わないのだろうか?
 日本のメディアの幼稚な思考で大騒ぎするのは日本国民に情報を流さない姿勢と同じスタンスでしかない。

  

     

« 自由にものが言える背景は? | トップページ | 不信任案が可決 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由にものが言える背景は? | トップページ | 不信任案が可決 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ