« 強い要求を受け入れるつもりか? | トップページ | 新党「離脱党」の躍進が確実 »

2019年5月28日 (火)

不信任案が可決

 

 オーストリアの国民議会で27日
   セバスティアン・クルツ首相
とその内閣に対する不信任案が可決された。
 
 同国での内閣不信任案の可決は第2次世界大戦後初めてのこと。
 
 同首相は副首相(当時)による
   汚職疑惑
をめぐり、すでに極右政党との連立政権崩壊を強いられていた。

 今月、副首相兼公務・スポーツ相と自由党党首のハインツクリスティアン・シュトラッヘ氏が、スペイン・イビサ島で、ロシア人の支援者を装った女性に対し、選挙支援の見返りに公共事業を受注させる便宜供与を約束した様子を捉えた映像が公開された。
 
 これを受け同氏は三つの職を辞任した。

 

   
   (出典:https://www.youtube.com/embed/A8P6iojWQpo)

  

 「イビサゲート(Ibizagate)」とも呼ばれるこの疑惑の映像公開で、クルツ首相と自由党との連立政権は崩壊した。
 
 なお、同首相は今秋、前倒しで総選挙を実施する意向を示した。

 しかし野党各党は、クルツ氏も疑惑の責任を取る必要があると訴え、不信任案を提出していた。
 
 
     

« 強い要求を受け入れるつもりか? | トップページ | 新党「離脱党」の躍進が確実 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 強い要求を受け入れるつもりか? | トップページ | 新党「離脱党」の躍進が確実 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ