« 円が急伸 | トップページ | 約束は破るためにある? »

2019年5月 7日 (火)

韓国空軍の戦略兵器の情報管理が杜撰化する流れ?

 

 
 韓国空軍の戦略兵器として中部の忠清北道・清州の空軍基地に配備・運用される
   最新鋭ステルス戦闘機「F35A」2機
が、先月中旬に飛行訓練を行った。

 この戦闘機は3月22日(米現地時間)、米アリゾナ州のルーク空軍基地を出発、ハワイなどを経由し総距離約1万3800キロを飛行して、同月29日に清州基地に到着した。

 最高速度マッハ1.8、作戦半径1093キロで
   空対空ミサイル
   衛星誘導爆弾(JDAM) 
   小直径爆弾(SDB) など
を搭載しており、敵のレーダーに捕捉されにくいステルス能力を備えている。
 
 韓国軍では敵のミサイルを探知・追跡・破壊する作戦概念「戦略標的攻撃」の中核戦力に位置づけられる。

 空軍はF35Aが韓国軍の戦略兵器であり、具体的な実戦配備の進行状況は公開していない。
 現在飛行訓練を行っているF35Aは、空軍が昨年末までに米国から購入した6機のうち2機で、今年計10機が実戦配備される見通し。

 
  

« 円が急伸 | トップページ | 約束は破るためにある? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 円が急伸 | トップページ | 約束は破るためにある? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ