« 軍需産業の権益の維持確保 | トップページ | FOMCが1ポイントの利下げを実施すれば、米経済は「ロケットのように」上昇? »

2019年5月 1日 (水)

ホワイトハウス側には米中貿易協議で合意をまとめる「熱意」はない?

 

 米国政府ホワイトハウスは中国との貿易協議を今後2週間で決着させるべく圧力を強めている。
 早期に妥結しなければ、米国が交渉の場から立ち去る用意もあると警告した。

  
 マルバニー米大統領首席補佐官代行はロサンゼルスで4月30日に開かれたイベントで米中協議が「永遠には続かない」と発言した。
 
 また、「どのような交渉もある時点で、『何かを成し遂げることに近づいているため前進し続ける』ことになるか、『これはどうにもならない』と言ってお手上げだと諦めるかだ」と述べ、「今後2週間でどちらになるのか分かるだろう」と続けた。
 
 ホワイトハウス側には合意をまとめる「熱意」はないとも話した。

 

 

  

« 軍需産業の権益の維持確保 | トップページ | FOMCが1ポイントの利下げを実施すれば、米経済は「ロケットのように」上昇? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍需産業の権益の維持確保 | トップページ | FOMCが1ポイントの利下げを実施すれば、米経済は「ロケットのように」上昇? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ