« 腰抜けトランプ氏と異なり、日本は北朝鮮に厳重に抗議? | トップページ | 短距離弾道ミサイルの弾頭装着サイズが直径95センチメートルと推定 »

2019年5月13日 (月)

「2%弱というインフレ目標」を達成する意味は?

 

 欧州中央銀行(ECB)の
   ドラギ総裁
は、フランクフルトで学生に向け
   「2%弱というインフレ目標」
は長らく達成されていないと指摘したうえ、ECBは
   「インフレ目標を引き下げて負けを認めないのか」
といった声が聞かれていると続けた。
 
 「われわれは負けたと認めない。だからこそ、インフレ目標を引き下げない」と語り、賃金上昇圧力を目にしているとべ、ECBが責務を果たす上でそれが追い風になるとの認識を示した。
 
 学生からその後の人生計画について質問が投げかけられたが、「計画だとかそういったものは全くない」と回答した。

 また、ECBが採用した異例の金融緩和は1000万人以上の雇用を生み出しており、賃金を押し上げていると評価し、最終的には物価に波及するだろうとの認識を示した。

 ドラギ総裁は10月末で任期満了を迎える。

  

    

« 腰抜けトランプ氏と異なり、日本は北朝鮮に厳重に抗議? | トップページ | 短距離弾道ミサイルの弾頭装着サイズが直径95センチメートルと推定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰抜けトランプ氏と異なり、日本は北朝鮮に厳重に抗議? | トップページ | 短距離弾道ミサイルの弾頭装着サイズが直径95センチメートルと推定 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ