« メキシコと合意 | トップページ | 経済のブロック化が加速する可能性 »

2019年6月10日 (月)

「緊張した」雰囲気の結果、必要な文章を削除

 

 福岡市で2日間の日程で開催した
   20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
は9日、共同声明を採択して閉幕した。

 メディアの取材に対し参加した高官が「緊張した」雰囲気と評し、30時間にわたる激しいやり取りの末に採択された共同声明では、「成長は低いままで、リスクは依然として下方に傾いている」と記載し、「貿易面および地政学面での緊張が増大した」と指摘した。
 
 その上で、必要があれば「さらなる行動をとる用意がある」と強調した。

 ただ、この会議では米国第一主義を唱えるトランプ政権の政策が他国との不一致が露呈しており。米国の要求を受けた妥協策として、声明からは草案にあった
   「貿易摩擦を緩和する必要性が差し迫っている」
との文言が削除された。

 

ひとこと

 米国の独善的な思考に鈴がつけられないG20の価値は低下するのみだ。 

 「緊張した」雰囲気の結果、必要な文章を削除するのでは意味はない。

 
    

  

« メキシコと合意 | トップページ | 経済のブロック化が加速する可能性 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メキシコと合意 | トップページ | 経済のブロック化が加速する可能性 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ