« イランが低濃縮ウランの生産を増やし核合意の履行に暗雲 | トップページ | 中国人民解放軍は日本の3.8倍まで増加した潤沢な予算を使って装備の最新鋭化を急激に進めている。 »

2019年6月14日 (金)

5月の納入機数が前年同月比-56%

   
 ボーイング社は11日、737MAXの世界的な飛行停止により、同社の5月の納入機数が
   前年同月比-56%
の大幅減少になったと発表した。 
 
 具体的に見ると、5月の納入機数は30機で、前年同月は58機だったため56%減となった。
 また、ボーイングは5月に商用機の受注を獲得しておらず、2カ月連続で「ゼロ」になった。
 
 今年1−5月の純受注数はマイナス125機となった。
 
  

   

« イランが低濃縮ウランの生産を増やし核合意の履行に暗雲 | トップページ | 中国人民解放軍は日本の3.8倍まで増加した潤沢な予算を使って装備の最新鋭化を急激に進めている。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イランが低濃縮ウランの生産を増やし核合意の履行に暗雲 | トップページ | 中国人民解放軍は日本の3.8倍まで増加した潤沢な予算を使って装備の最新鋭化を急激に進めている。 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ