« 関税率は当初の5%から最高25%まで引き上げる可能性 | トップページ | 新たな資金調達が完了 »

2019年6月 4日 (火)

貿易戦争がエスカレートする流れでリスクが加速

 
 米国セントルイス地区連銀の
   ブラード総裁
は3日シカゴで講演で、インフレ率とインフレ期待を目標水準に近づけるのを助け、エスカレートする
   貿易戦争
がもたらす経済への下振れリスクで予想より
   急激な景気減速
が発生する事態に備えた保険を確保するためにも、政策金利に下方向の調整を加えることは近く正当化される可能性があると述べた。
 
 貿易の抑制が米経済に直接及ぼす影響は比較的小さいが、世界の金融市場を通じて広がる影響はより大きくなる可能性があると続けた。

  

  

« 関税率は当初の5%から最高25%まで引き上げる可能性 | トップページ | 新たな資金調達が完了 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関税率は当初の5%から最高25%まで引き上げる可能性 | トップページ | 新たな資金調達が完了 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ