« 5月の納入機数が前年同月比-56% | トップページ | 不都合な真実は知らせない中国メディア »

2019年6月15日 (土)

中国人民解放軍は日本の3.8倍まで増加した潤沢な予算を使って装備の最新鋭化を急激に進めている。

 

 米国のグローバルファイヤーパワーによれば
   2019年の軍事力ランキング
で中国は、米国、ロシアに次ぐ3位だった。
 なお、日本は前年より順位を上げ6位となった。

 中国の2019年の国防予算は
   1兆1898億7600万元(約19兆円 前年比+7.5%)
 と、日本の3.8倍まで増加し、中国人民解放軍は潤沢な予算を使って装備の最新鋭化を急激に進めている。

 
ひとこと
  
 中国の軍事力増強には日本の輸出産業など中国進出企業の貢献があるのだろう。
 いつまでも中国に塩を送ることはない。
 
 
    

« 5月の納入機数が前年同月比-56% | トップページ | 不都合な真実は知らせない中国メディア »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月の納入機数が前年同月比-56% | トップページ | 不都合な真実は知らせない中国メディア »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ