« 周囲に敵が多すぎる | トップページ | 棚の上にあげての抗議? »

2019年6月27日 (木)

攻撃してから交渉のテーブルにつく戦略ではいつまでも効果が維持できない。

 

 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は26日、FOXビジネス・ネットワークとのインタビューで、「中国に関する私のプランB(次善の策)は月間べースで巨額のお金を収集し、中国とのビジネスを徐々に減らすというものだ」と述べ、20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)で予定されている中国の
   習近平国家主席
との会談後に貿易合意に関して進展がない場合、米国は中国製品に大規模な追加関税を賦課すると警告した。
  
 これまで、今週の大阪サミットで習主席から聞く話が気に入らない場合、中国製品3000億ドル(約32兆1500億円)相当への関税賦課を決定する可能性があると主張している。
 
 なお、両首脳は29日に会談する予定で、世界の金融市場が注目している。

 

ひとこと

 攻撃してから交渉のテーブルにつく戦略ではいつまでも効果が維持できない。
 単なる大統領選挙目当ての動きのひとつでしかない。

  

   

« 周囲に敵が多すぎる | トップページ | 棚の上にあげての抗議? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 周囲に敵が多すぎる | トップページ | 棚の上にあげての抗議? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ