« どちらも愚か者だ | トップページ | イランはウラン濃縮度の引き上げを選択する可能性 »

2019年7月11日 (木)

ECBには行動する「決意」

 

 欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーでフランス中銀の
   ビルロワドガロー総裁
はCNBCとのインタビューで、「今後数カ月に政策委員会会合は数回ある。その必要性が生じ、そうすべき時期に至るなら、ECBの行動する決意と能力に全く疑いはない。繰り返しになるが、それが必要になり、その時期が来るならだ」と語った。
 
 ECBには行動する「決意」があると述べつつ、経済指標はまちまちだと指摘した。
 
   

« どちらも愚か者だ | トップページ | イランはウラン濃縮度の引き上げを選択する可能性 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ