« 韓国で日本のエコカーがバカ売れ | トップページ | 無条件で介入は出来ない »

2019年7月20日 (土)

イランが英国のタンカーを拿捕したと発表

 

 イラン革命防衛隊公式ウェブサイト「セパフニュース(Sepahnews)」によると、IRGCは19日、ホルムズ海峡で
   「国際海事ルール」
に違反した英国のタンカー
   ステナ・インペロ
を拿捕したと発表した。
 
 ステナ・インペロはホルムズ海峡を航行中、ホルモズガン港湾海事局の要請により、国際海事ルールの不遵守を理由にIRGCによって拿捕された」。
 
 タンカーはその後、岸へえい航され、法的手続きと、必要な調査のために同局に引き渡されたという。

 タンカー追跡サービス「マリーン・トラフィック(Marine Traffic)」によると、スウェーデン企業が所有する英国船籍のステナ・インペロは、最後に位置情報を送ったのは現地時間19日午後9時(日本時間20日午前1時30分)、ホルムズ海峡のララク島付近からだった。

 英国政府報道官は、英国はペルシャ湾での事案報告を受け、緊急に情報収集と状況評価を進めているとメディアに語った。

 IRGCによる発表のわずか数時間前には、英領ジブラルタルの最高裁判所が、2週間前に拿捕されたイランのタンカーの拘束を20日間延長すると発表していた。
 
 同タンカーは、制裁に違反してシリアに向かっていた疑いで拿捕された。
  
    

 

« 韓国で日本のエコカーがバカ売れ | トップページ | 無条件で介入は出来ない »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ