« 優遇措置の撤回の時期の先延ばしでしかない。 | トップページ | 韓国メーカーの不振は米国企業には福音 »

2019年7月13日 (土)

「儲かりそうなものに投資する」だけの経営モデルでは長続きしない

 

 中国メディアの今日頭条は10日、日本の経営から学ぼうという
   中国人企業家
が増えていることで、「中国人が謙虚になった」と日本人から見られているとする記事を掲載した。

 記事では多くの中国人が日本企業から学ぼうとしているかを紹介した。
 経済の発展で懐状態が良くなり、生活が豊かになった中国では顧客が
   付加価値
を求めるようになったため
   危機意識
の高い企業家は
   質の高いサービス
で知られる日本企業から学ぶようになったのだと説明した。
 
 最も興味を持たれているのは、中国人にはできないことを「日本人はなぜできるのか」ということだそうだ。

 日本と中国の企業では「ビジネス思考が根本から違う」と記者は分析し、中国では「投資は大胆に、回収は短期で」をモットーにする企業が多く
   とにかく早く儲けること
を考えるが、日本では「こつこつ積み重ねて長い目で価値あるものを作る」考え方があると指摘した。
  
 こうした思考には、それぞれに長所と短所があるものの、中国では経済成長で多くの企業が淘汰されたため
   「長寿企業が多い日本」
が見直されてきたという。

 また、成功している日本企業は「1つの分野を極める」ことを大切にしていると分析した。
 
 技術面での蓄積が後の発展につながるが
   「儲かりそうなものに投資する」
だけの経営モデルでは長続きしないと続けた。
 
 その最たる例として記事は「シェア自転車」をあげ、日本企業のように長期的な視点がなかったために、良かったのは最初だけで多くが倒産し、今では典型的な「失敗例」になっていると指摘した。

 近年の中国人はプライドよりも発展を重んじる傾向に変化してきているのかもしれないと続けた。
 
 
   

« 優遇措置の撤回の時期の先延ばしでしかない。 | トップページ | 韓国メーカーの不振は米国企業には福音 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 優遇措置の撤回の時期の先延ばしでしかない。 | トップページ | 韓国メーカーの不振は米国企業には福音 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ