« ECBには行動する「決意」 | トップページ | 日本の輸出規制強化は韓国にとって大きな痛手 »

2019年7月11日 (木)

イランはウラン濃縮度の引き上げを選択する可能性

 

 イラン国営イラン通信(IRNA)が8日、イラン原子力エネルギー庁(AEOI)の
   カマルバンディ報道官
の話として報じたところによると、イランは核合意の履行を後退させる一環として、濃縮度の引き上げを「検討中の選択肢の一つ」としている。

 また、イラン学生通信(ISNA)もカマルバンディ氏の発言として、ウラン濃縮度が8日に4.5%に達したと伝えた。
 
 これはイランの原発需要を満たす水準であり、イラン政府は7日に核合意で認められた3.67%を上回る濃縮を再開すると発表していた。

 

 

  

« ECBには行動する「決意」 | トップページ | 日本の輸出規制強化は韓国にとって大きな痛手 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ECBには行動する「決意」 | トップページ | 日本の輸出規制強化は韓国にとって大きな痛手 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ