« フェイスブックを信用? | トップページ | 影響は軽微 »

2019年7月19日 (金)

灯台の足元暗し

 

 中国共産党機関紙「人民日報」の国際版のニュースサイト環球網は、米国のペンス副大統領が「米国は世界の自由の灯台だ」と発言したことについて、中国外交部の
   耿爽(グン・シュアン)報道官
は「この灯台はあまり明るくないようだ」とコメントしたと報じた。

 ペンス副大統領は10日、カリフォルニア州で記者会見し、「米国は世界の自由の灯台だ。米国政府は世界の宗教の自由について声を上げている」と主張、来週の閣僚級会議で「われわれは中国や世界各国のこの問題を解決する」と話した。

 これに対し、耿報道官は12日の記者会見で、「この灯台はあまり明るくないようだ」と指摘し、「中国や全世界の問題を解決などというのはあまりにも大げさだ。米国にはそのような責任も権限も能力もない。米国は自分自身の問題を解決するのが先だ」と続けた。
 
 
    

« フェイスブックを信用? | トップページ | 影響は軽微 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェイスブックを信用? | トップページ | 影響は軽微 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ